2020年 12月更新の新作情報

新作出来ました!

今回の更新は本当にギリギリになってしまいました。
なので来年のお正月用にも使える帯留め2点のみのアップです。
郷土玩具の「赤べこの帯留め」と、白黒柄の「乳牛の帯留め」
どちらもお正月だけでなく、通年お使いいただけるデザインにしました。

※ご注文者全員プレゼント「アマビエ根付」はまだ続けます。
一度アマビエご希望された方、2回目以降のご注文時もアマビエご希望して頂いても大丈夫です。

鳥ライン

「赤べこの帯留め」

赤べことは会津の郷土玩具で、全身赤色とゆらゆら揺れる首が特徴の郷土玩具。

かつて大地震が起こった時に活躍した赤牛の伝説や、疱瘡(天然痘)が流行った時に身代わりになった赤牛の伝説のように諸説あり一つではありませんが、厄を払った赤牛をかたどり魔除け・厄除け・子の健やかな成長を祈願し飾られるようになったのが始まりといわれます。

古来赤は魔を退ける色とされているので色の持つパワーにあやかりたいという気持ちもあるのかもしれませんね。
ほんとは結構胴長なデザインですが、帯留めとして使いやすいよう小さなコロンとした形にしてみました。

赤の本体に金・銀・白と、赤べこの伝統的な配色を踏襲していますが、この色の組み合わせが和服と好相性なので、お着物を選ばず合わせて頂けると思います。玩具柄の帯の柄の中に紛れているというのも楽しいですし、着画のように赤を効かせたコーデ等、色々お使いいただけると思います。

赤べこの帯留め 正面
赤べこの帯留め アップ
赤べこの帯留め 2つ
赤べこの帯留め 着画

赤べこの帯留め 横長画像



「赤べこの帯留め」商品ページはこちらから


鳥ライン

「乳牛の帯留め」

いかにもな丑年用の帯留めだと着用機会が減ってしまうので、通年で使え、モダンな着こなしにも合う牛さんを作りたいと思っていました。

そこで牛と言って連想するホルスタインっぽい牛の帯留めを作ってみました。

アクリル樹脂にランダムな牛さん柄を配置しました。
いい塩梅に足の部分に帯留め金具が収まっているので、うちにしてはかなり小振りで使いやすく普段使いにも使い良い感じになりました。

他の色を入れず、白黒のみで作りましたので、色味がないぶん配色を考えずにお使いいただけますし、また逆に白黒を活かして全身モノトーンコーデにお使いいただいても素敵です。

着画では白黒の千鳥格子の着物に合わせてみました。UFOの柄の帯があったら是非合わせてみたい…と思っています。そんな風に小物を中心にあれこれコーディネートを考えるのもまた楽しいのではないでしょうか。

乳牛の帯留め アップ
乳牛の帯留め 着画

「乳牛の帯留め」商品ページはこちらから

鳥ライン